アイアクトの副作用は大丈夫?顔や目の周りに塗るから心配になる・・・

アイアクトの副作用

アイアクトの成分は大丈夫!?配合されている成分の副作用は?

塗るだけで、まぶたのピクピクとした痙攣を止めることができるアイアクト。

アイアクト 副作用

「塗るボトックス」とよばれる成分が入っているだけに
副作用やデメリットを心配してしまうかもしれませんが、
アイアクトに副作用の心配はありません。

アルジルリン」と「シンエイク」は「塗るボトックス」とよばれる成分ですが、
肌に直接薬剤を注入するボトックス注射とは違って、
肌がつっぱったり、こわばったりするような心配は一切ありません。

 

「アルジルリン」はアミノ酸の一種なので、安全性が高くアレルギー反応もありません。また「シンエイク」も海外でたくさんの美容クリームに配合されていますが、
これまでに副作用の報告は一件もないということです。

 

アイアクトそのものにも炎症や肌トラブルの報告はないということですので
副作用を心配することなく使ってみることができそうですね。

アイアクト 副作用

また着色料、シリコン、パラベンなども無添加ですから、敏感肌の方も安心して使えます。

●「アイアクト」を製造しているのは「スパイン製薬」という製薬会社です。
多くのサプリメントや美容クリームなどが、製薬を本業としていない事業者が専門業者に委託して商品を調達しているのに比べると、製品に対する安全性、信頼性は高いといえそうです。

アイアクト 副作用

アイアクトで使用されている成分は低刺激のものばかりですがごくまれに下記の保存剤でアレルギー症状が起きる方がいるそうです。これらの成分はアイアクトに限らず化粧品に必要な成分といえます。

原材料

水、プロパンジオール、グリセリン、ペンチレングリコール、トレハロース、グルコシルトレハロース、プルラン、加水分解水添デンプン、キサンタンガム、水添レシチン、トコフェロール、ステアレス-20、ヘスペリジンメチルカルコン、N-ヒドロキシコハク酸イミド、ジペプチド-2、カミツレ花エキス、セイヨウオトギリソウ花/葉/茎エキス、トウキンセンカ花エキス、フユボダイジュ花エキス、ヤグルマギク花エキス、ローマカミツレ花エキス、インドナガコショウ果実エキス、パルミトイルテトラペプチド-7、ジ酢酸ジペプチドジアミノブチロイルベンジルアミド、パルミトイルトリペプチド-1、クリシン、デキストラン、トリフルオロアセチルトリペプチド-2、アセチルヘキサペプチド-8、BG、カルボマー、水酸化K、ソルビン酸K、フェノキシエタノール

副作用などのトラブルが無いのか気になるところです。

フェノキシエタノールやペンチレングリコール

成分にアレルギーの人もいることがあるようです。

しかし成分については無添加で、安全なものを使うことを基本にしているということで
まず安心して利用することができます。

しかしそれなら成分があれば購入をするのはやめておきましょう。

毎日使うものなので、この辺は公式サイトをしっかりと確認しておくことが大切です。

>>アイアクトの詳しい成分についてはコチラ

コメント

タイトルとURLをコピーしました